関西の海でダイビングをするなら兵庫県西宮市・神戸市、大阪梅田のスキューバダイビング教室【トライブダイビングスクール】へ!ライセンス取得をサポート致します!

自分でできる器材の手入れ方法

器材を長く愛用するには、きちんと自分で手入れをする事が重要です。
マイ器材はもちろん、レンタル器材でも、次に使うときのための手入れが大事です。この機会に、もう一度器材の手入れ方法を見直してみましょう!

真水でしっかり洗おう!

どの器材も基本は真水でよく洗浄して、海水の塩分を十分に抜くことです。塩分がついたまま放置しておくと、金属部分はサビつき、ファスナーは塩噛みして動かなくなってしまいます。

ダイビング後には、必ず真水に浸けて、十分に塩抜きしたあと、部分的に丁寧に水洗いをします。

陰干しでしっかり乾かそう!

器材をしっかり洗ったあとは、乾かす作業へ。器材を洗ってすぐに閉まってしまうと、カビが生えたり、濡れたまま匂いがついてしまうので、しっかり乾かすこと。

フィンやマスクには、ゴムやシリコンが使われているので、直射日光は厳禁です。劣化を防ぐ為にも陰干しが基本です。また、BCを乾かす時には、空気を入れた状態のほうが型崩れも防ぐことができ、早く乾かせるなどコツがあります。

正しく保管しよう!

器材がよく乾いたのを確認したら、次のダイビングで使うまで正しく保管しましょう。保管場所は、直射日光が当たらない、湿気の少ない場所が理想的です。

長期保管する場合は、メッシュバッグやキャリーケースに入れたまま保管すると、型崩れや劣化の原因になる場合も。出来るだけ購入時のケースなどに保管しましょう。

オーバーホールに出そう!

外側から見てもわからない汚れやサビは、専門の機械で洗浄しないと取り除けません。また、プロにしかわからないような微細な劣化などがある場合もあります。

コンスタントにダイビングを続けいる間は、1年に1度、または100本に1度の割合でオーバーホールを行う事で、器材トラブルを未然に防ぐことが出来るので安心です。

ただし、長期間使用していなかった器材を使う前には、オーバーホールをぜひ受けてほしいものです。保管しているだけで劣化してくるゴムパーツなどもあるので、万が一、水中で不具合が起きないように、ぜひともオーバーホールを行ってください。

多くの方がプライベートでも楽しむダイビングの資格は、しっかり講習を受ければ取得できるライセンスです。安全に楽しくダイビングを行うためにもしっかりと学びましょう。

兵庫県でダイビングに欠かせないCカードの取得をお考えなら、当スクールをご利用ください。
当スクールでは、体験ダイビングやライセンス取得のためのスクールを行っております。

その他にもダイビング技術を向上させるステップアップコースやダイビングツアーなどもあります。
ダイビングに興味を持たれた方、兵庫県でダイビングスクールをお探しの方、資料請求やお問い合わせはお気軽に当スクールまでご連絡ください。

PAGETOP
Copyright © トライブダイビングスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.